複雑な家庭環境を飛び出して、生活をするためアルバイト3つ掛け持ち、労働時間約16時間だった私。そんな人生に嫌気がさして、サイトアフィリエイトをしてみた。

まだ見ぬ大地を求めて。アメリカ10日間個人旅行記

jyoutengan1runa限定プレゼントも不定期で配信予定。メルマガ解除は、いつでもできます。

ルナのアフィリエイト公式無料メルマガ

※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。外部への共有、貸出し、売却等は決して致しません。ご安心下さい。

アラスカでオーロラを前回見てグアムに行き、2ヶ月ほど経ったのですが次は、
アメリカのグランドキャニオン(以下文中をグラキャニと称する)か、

Netflixというサイトで見たドキュメンタリーに出てきた
イタリアの凄腕のシェフの店に行くか迷った結果、
レストランの予約が取れないため、グラキャニに決定しました。

航空券だけHISで撮りましたが、
今回は個人で計画し旅行に行きました。

宿泊は、ホテルとエアビーを混ぜて予約。
ツアーも日本でネット予約しました。

前回のフランスのツアーの集団旅行と料理があまりにも
私たちには厳しすぎたので・・。

まず、1日目はロスに行き、一泊。

車を借りにハーツレンタカーに。
予約していた車を受け取ろうとしたら、
誰かが間違えて、私達の予約車両を乗って行ってしまい、
第一回目のハプニング。

それを受付に伝えたら、指をさしながら

「ここ一角の車は、君らが予約してた同じクラスの車やから、
どれでも持っていってええで」

というので、私達は、
「本当にどれでもいいものなのか?
聞き間違えじゃないか?怒られないだろうか」などと

終始脅えながら、シボレーのSUVを選び、LAX空港を出発。


「安定のアメリカクオリティ。細かいことは気にしいひん、ここは自由の国や。」

と思いながら、日本の丁寧な対応に感謝すると共に、
やはり日本では働く側になりたくないと思った。

何故なら、日本ならハーツレンタカーの受付担当の態度も含め、
相当なクレームが起きそうな事態だからである・・。

そして、夫ともしんと友人と共に、左ハンドルにビクつきながら、
ビバリーヒルズにある、モンタージュ・ビバリーヒルズ・ホテルを目指す。


車を走らせていると、私たちの周りにはいつしか
ランボルギーニ、ベントレー、ロールスロイスと
数千万円単位の高級車が信号待ちをしている。

「ビバリーヒルズに来た 地図を見んでもわかる」

そうこうしていると今夜の宿泊先モンタージュ・ビバリーヒルズに到着。
当然のように高級車たちは、そのホテルにも駐車されていた。

車好きの夫ともしんは、ロールスロイスに興奮を隠せず、
「これがロールス・ロイスのゴーストやで!ルナ!」とはしゃいでいた。

もう数千万単位の車がズラッと駐車されているので、
大衆車に見えてしまう。

何度も「これらは特別な車やでぇ!なかなか見られへんのやで!」
と自分に言い聞かすが、それも無駄な抵抗で、
ホテルには次から次へと高級車が駐車されるのであった。

もう自分の感じたことを修正するのはやめた。

モンタージュビバリーヒルズホテルの内装。


二日目、グラキャニのツアーに参加するため、ラスベガスに移動。

飛行機も選べたのだが、アメリカの大地を運転してみたいという
友人の希望もあり4時間40分をかけベガスに向かう。

途中、竜巻を発見し、一同戸惑うが大きくならず一安心。

ベガスに到着。砂まみれの砂漠地帯とは一転。
パーティーピーポーが集うネオンの街の景色にびっくり。

私はあいにく、カジノには全く興味がない。
私はこのギラギラした景色が見られるだけで十分だった。

ベガスではホテル代が安い。カジノで採算がとれるので、
宿泊費は安くして、カジノに使ってもらおうという魂胆らしい。

ギャンブルは脳内のドーパミンを活性化させるほど中毒性があるらしいから
簡単には抜けられない。

私は「もうドキドキは、幼い頃に十分味わったのでもういらん。
算数も出来ひんし、したいとも思わんから、ブラックジャックも出来ひんしな。」と思った。

こんなこと言うと「数億とか当たるかもよ」と言われるかもしれないけど
算数することの方がストレスがたまるから、私は極力数字の計算は避けたい。

そもそもギャンブルして勝つ確率のが低いから成り立ってるし、
ドキドキとかハラハラとかしたい以外にやる理由が見つからない。

それ自体もしたくない私にとっては、
算数をするというストレスだけが残されるから無意味でしかなかった。

友人たちは、ブラックジャックをしに行った、
見事に勝利してご飯をおごってくれた。

やっぱり向いてないと感じるものに無理に向かうより、
何するにでもセンスのある人に任せるのが一番やと思った。

ホテルに帰った後、深夜3時になっても
ベガスでは街中に響くほどの重低音を鳴らしているのが
閉め切っている部屋にも聞こえた。

平日、6月13日。何にもない日に札が沢山舞って、
ずっとドンチャン騒いでいる街、それがベガスなのかしら・・

翌日、ついに待望のグラキャニのツアーに参加。
朝4時起き。死にそう。
ゾンビのような面持ちで待ち合わせ場所に向かう。

ベガス出発→カーズで有名な町「セリグマン」に立ち寄り休憩→グラキャニ(ビューポイント3つ制覇する)
→ザ・ビューホテルに向かう→ナホバ族に案内されモニュメントバレーみる。

そんな計画らしく、広大な大地をバスで移動することになった。
グラキャニに着くまでも2時間ほどかかり、
そしてグラキャニ3つのビューポイントを制覇するにも数時間かかった。

一番良かったポイントは、デザートポイントや。
日帰りではいけへんから、泊りのツアーがお勧めやで!

なんとガイドによれば、グラキャニをキチンと見ようとしたら
6時間あっても足りないらしい。

そんなん想定してなかったで!グラキャニさすがや!
と思いつつヘトヘトになって、ザ・ビューホテルに着いた。

しかし、着いたやいなや、モニュメントバレーを見るという
ミッションに参加せねばならなかった。

ナホバ族というアメリカの先住民の土地なので、ナホバ族がいないと
モニュメントバレーがある地区を探索するのは許されないそうで、
ツアーの参加が必須となるからである。

モニュメントバレーは、「バックトゥーザフューチャー」や
ディズニー映画「カーズ」など
多数の映画の舞台にもなった有名な場所である。
最近でもCMなどで起用されている。
※多分そうやった。知らんけど。


ナホバ族は、ここ20〜30年前までは医療がなく、
ここのナバホ地区に生えている薬草などで
病気を治していたらしい。

最初はナバホ族の土地だったため、モニュメントバレーや
アンテロープキャニオンなどは観光として知られてなかったし、
一般人が噂を聞きつけても、容易に観光できる場所ではなかった。

ここモニュメントバレーも、グラキャニのように政府に
「国立公園にしないか?」という誘いが何度もあるらしいが、
ナバホ族は断っているようだ。

ナバホ族は、医療と引き換えに、観光案内もするようになったらしい。

また、モニュメントバレー内のveiwポイントで
「Rain God Mesa」という場所がある。
そこでは呪縛師が雨がなかなか降らない時期に、雨乞いをしたら岩から水が
染み出したという伝説の場所である。

岩肌から染み出したように何かが流れている。rain god mesa

アメリカという先進国の中に、
こんなに原始人的な生き方をしている人々が最近までいたなんて
とても不思議で面白いと思った。

近代的なラスベガスにいた次の瞬間にはもう、
古代のアメリカにタイムスリップした感覚だった。


このツアーは日本語のツアーだったので日本人しかいなかったが
周りはみんな年配の方だった。

いつもの事ながら、ツアー参加者に
「皆さん一緒に時間合わせるの大変だったでしょう」と言われ
「自営業なのでなんとか」という良くあるの会話をした。

自分の中の定型文が、グーグルホームみたいに反応して
機械的に応答して「自営業なのでなんとか」って背中に
スピーカーみたいなのがあって、自動回答してくれれば楽やなぁと思った。

「一生に一度しかない機械かもしれないですからね。
シャッターチャンスを逃さないでください」
とツアーコンダクターに言われ、私達一同は、何も言い返すこともせず
黙ってモニュメントバレーを眺めた。

そんなことよりも何がか突出している異様な世界と、
雄大な大自然とが混合した毎日でとても不思議な気持ちだった。

日本と16時間遅れているロサンゼルス、州ごとに1時間ずれていくアメリカ。

数千万円する車が溢れる街。

深夜三時になってもホテルの窓を容赦なく
重低音で叩きつけるダンスミュージック。

時間もお金も見える景色も、街という概念も何もかもが崩壊していく。

時間、お金、季節、気候、信仰、色々と人間の世界で決まっていることが基準として
何かを考えたり決定するのは、改めてアホらしくなってきた。

やっぱり大事なことは、「自分がしたいことをするそれがええ」
という結論に達して、スヤァと眠りについた。

何だか長くなってきたので以下省略・・。

アンテロープキャニオン。
ロウアーアンテロープキャニオン。
ホースシューベンド。

この日私達は、ツアーコンダクターに、
北海道から岡山県あたりまで移動したんだよと告げられ、
私は、なぜか疲労と達成感で神々しい気持ちになっていた。

ツアーだけでその距離なら、私達はもう日本縦断はしたなと思った。

途中休憩で立ち寄ったセリグマンという町。
ルート66と40号線を経由した。
ルート66は制限速度が55マイルまで。

政府は軍事物資を運ぶために、
制限速度をたぶん75マイルだったかな?
を出せる40号線を新設した。

新設された、40号線に客足がとられ、町は滅びそうになる。
そこで、下記写真の店の主、エンジェル氏が復興を呼びかけ、

最終的には州知事までをも動かし、
ディズニーのピクサーの監督までもを動かし人気の町となった。

カーズの物語は、エンジェル氏がセリグマンを訪れた
ディズニーピクサーの監督に話した復興物語を参考に作られているそうな。

たぶんそんなようなことを言ってた。間違えてたらごめんなさい。

ほっこり暖かい町でした。


◾︎有名税とやらなのか・・。

ロスに戻った私達一同は、ハリウッドを観光。
ビバリーとは変わって、渋谷みたいなガチャっとした街だと思った。
例えるならビバリーは神戸、ハリウッドは渋谷。そんな感じだった。

ハリウッドを楽しんだ後、最終日、
夫ともしんが、ロールスロイスを乗りたいというので
「777 Exotics Car Rental Los Angels」という店レンタルした。

1日で25万らしい。

ちなみに全員英語はほぼ喋れない。
グーグル翻訳と、海外ドラマで培った僅かなリスニング力で頑張った。

店員さんも丁寧で、グーグル翻訳を使って意思を伝えようとしてくれた。
とてもいい店だった。

ロールスロイスドーンを借りてドライブに出発。
ビバリーヒルズのイタリアンを目指す。

店に着いたら、店員が車のドアを開け、
「Beautiful!!」といった。

「車か私かわからんが、SUVのシボレーでは言われなかったぜ。」と思いながら
これもロールスロイスの力や!すげぇや!と思った。

食事が終わり、海辺をドライブしようと、マリブに向かう。

そうこうしていると、後ろから何やら単発的に「WOO」というサイレンが聞こえる。
どうやらロスのパトカーのようだった。

私たちなのか?どうなんだ?と思いつつしばらく進んだが、
それでも着いてきたので、私たちだと気づいて路肩に車を停車。

ロールロイスで、ロスの警察に職質をされる。

散々、今まで数日間シボレーでHayWayにも乗って、
街散策もしてパトカーの横もバンバン通ったはずなのに。

店から数キロも走らない間に止められてしまった。

渋滞でほぼ進んでいなかったので違反もしてないはずだったし、何故今?と思った。

ロス警察が、「パスを見せろ。」とか「どこから来た?」とか英語で喋っていた。

私達4人は挙動不審になりながら、ありとあらゆる、公的証明書を引っ張り出し
ポリスに見せた。

「誰か英語を話せないのか?日本の免許じゃなくカルフォルニア州の免許は?」とポリスが言う。

しかし皆、千と千尋のカオナシのように、「あぁ。あえー。」とモゴモゴすると
話が通じない私たちに嫌気がさしたのか
「キープセーフドライビング!!!」と言い捨て去っていった。

夫はポリスに話しかけられ、HPが急激にエグリ取られたらしく。
「ロールスロイスの素晴らしさはもう分かった。もう帰りたい。ポリス怖い。俺は疲れた」といい。

1日25万のレンタルをたった1時間のドライブで終了。


ロールスロイスを返却し、シボレーに乗り換え、
宿泊予定のヒルトンホテルに向かい、2日間ロスで過ごし帰国した。

今回の旅行の目玉は、グラキャニのツアーだった。
どこもアクセスが悪いので、
岩ばかりが続くけど、大丈夫か?とか
モニュメントバレー行く必要あるか?とか旅行計画中は考えた。

だけど一番印象に残ったのは
モニュメントバレーだった。

異世界にきた感が半端ない。
しかも安全のための柵も何もないのがいい。

今が何時代か、地球にいるのか否か。
ようわからんくなります。

やっぱり写真では納まらない実際の迫力は・・。
とてもモドカシイ気持ちです。

そうや。エアビーの話してませんでしたね。
ロスでとベガスでエアビー使いました。

ベガスのエアビー。

ロスのマリブビーチ近くの海の見えるエアビー。
起きたら海見えるで。

暗証番号で開くので英語が話せなくても
便利にチェックイン、アウトできました。

ツアーは日本から下記サイトより申し込みました。
ネバダ観光さんのやつに参加したよ。
すごく満足したからオススメ。
VELTRA


10日間、全く仕事をせずに、これだけ遊んでいましたが、
後で、確認したら、この旅行で使った金額より、報酬が入っていました。


ありがたい話です。


まぁ、自分たちがアフィリエイトの収入を自動化させる事を頑張ったから、
時間的にも、金銭的にも、こんな生活ができているのですが。


でも本当に、こういう時に
アフィリエイトに出会えて、そして、
自動化の作業を進めてよかったと、再認識します。





◆普通に生きると、完全に自由な時間は全くない。



先日、起業家の友人と話していたのですが、
「普通に勤めていると、自由な時間は5年しかないんだね。」という話をしたんですよ。



定年の65歳で自由になり、その後、健康寿命(体が自分の思うように動くまでの年齢)
である平均70.42歳までしかないんですね。


その後は、普通、寿命まで、病気を抱えながら生きていくので。



しかも、その普通の勤め人の自由な5年という時間は、
ただ、「時間的自由」がであるだけで、「経済的自由」ではないんですよ。



以前の話ですが、
フランスのツアーで一緒にいた、定年を来年に控えたあるおじさんは、
今まで、海外は新婚旅行のハワイ以外言った事がなく、
こおフランスが2回目だと言っていたんですね。



私達が「じゃあ、来年からは、自由に色々行けるようになるんですねぇ。」と言うと、
「いや、金銭面を考えると、旅行には行けないですよ。老後の事もあるし。今回で最後ですね。」
と、言っていたので。



それを、聞いて、私達は「あぁ、そうなんですね。。。。」と答えるしかなかったです。




本当の意味で自由になるには、
時間的な自由と、経済的な自由、両方とも持っていなくてはいけません。


多くの普通に勤める人達が、定年を迎えたら、好きな事をするんだ!と定年まで頑張っても、
時間的な自由(身体的な若さという時間も含め)と経済的な自由、両方を持っている期間など、
本当にないんですよね。



つまり、そう考えると、本当に、アフィリエイトで自動化を構築する以外に、
自由になれる方法はないと言っても過言ではないと思います。


この私の記事を読んでくれているという事は、
あなたも、そのアフィリエイトに出会えているので、
ぜひとも、アフィリエイトで自由になるまで、頑張ってほしいと思います。



また、報酬以外にも、
続々と、夫の「ともしん」の電子書籍の感想をいただいておりますよ。


ちょっと紹介しておきますね。

ーーーーーーーーーーーーーーー

末永さん

電子書籍を読んで、どのような感想をお持ちですか?

初めまして、末永と申します。
書籍を読ませていただきました。
まずはお礼を言わせてください。この本を書いてくださり本当にありがとうございました。とても感動し、感銘を受けました。
この本を読んだ現時点から私の人生が変わりました。
私も、いい会社に就職して汗水たらして働くというのが当たり前で、これが一番幸せになれる方法であり、一番まっとうな生き方なんだと思っていました。

しかし、ともしんさんの本を読んで私の中の常識が180度変わりました。
今ある常識が全てじゃない、違う生き方、本当の幸せというのを知ることができました。
これから私もアフィリエイトを始め、ともしんさんのように本当の幸せを手に入れたいと思います!
私は、ともしんさんをメンターにしたいと思います。
ともしんさんのノウハウを学んでアフィリエイトで成功していきたいと思っているので、これからいろいろとよろしくお願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーー

吉川さん

電子書籍を読んで、どのような感想をお持ちですか?

ギラギラ感のない落ちついた印象で腹が立つようなことがありませんでした。
戦争が終わって復興したかのようなそれくらいスケールの大きい話に感じた。
わたしも早く復興したい。
自分に帰りたい。
自分を取り戻したくなりました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

ぶーにゃん さん

電子書籍を読んで、どのような感想をお持ちですか?

先月団体ツアーで中国旅行に行ったら40代のアフェリエイターに遭遇しました。

それまで出会ったのはシニアになって時間とお金の余裕ができて旅行される方ばかりだったのですが、
アフェリエイターさんは年間200日以上いろんなところが見たいと言って旅行三昧されていました。

他の方から家はいらないねって言われてました。

私の大嫌いな常識や会社に全く囚われず、ひょうひょうと生きている姿を間近に見られた最高の旅行でした。

まだアフェリエイターになってない私には憧れの人ですね。

でもやはり自己責任の感覚はしっかりとあり、かつちょとした価格の違いや初めて見る物への興味はとことん追いかけてるのは、
ただぼーっと旅行してる自分とは全く違うなと思いました。

周りから比べられ人から与えられる仕事に慣れてしまった自分とは大違いですね。

自分が人生を楽しむためにもアフェリエイターを目指します。

とても有意義な時間を過ごすための手引きを読ませていただきありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

さとさん

電子書籍を読んで、どのような感想をお持ちですか?

『君たちはまだ本当の安定と自由を知らない』すぐに読み始め、止まらず一気に読んでしまいました。

先ず第一にともしんさんの強さと根性に心打たれました。

友達がうつでずっと大変だったので、うつの方と寄り添うというのは大変なことだと外から見ても本当に感じていました。

そして、自分を含め、本当に多くの人が本当の安定と自由を知らないんだなぁ、と実感しました。

プクちゃんの話などは心を打たれました。

私もスコティッシュを飼っていて、その子が手の中で亡くなった時、
それでも会社に行かなければならなかった時、等色々思い起こしました。

幸いにも、病気で急にお金がかかったりすることも無く、
出費的には会社勤めでも何も問題はありませんでしたが、
心理的に、もしともしんさんのようにアフィリエイトで自由な時間が持てる状態だったら、と思わずにはいられません。

遅いかもしれない、と思いつつ、アフィリエイトを始めてみようかと思った矢先に
ともしんさんのブログに行きつき、この書籍を読み、やっぱりトライしてみよう!と思いました。

独学では難しかった点等も念頭に入れ、ともしんさんのブログやメルマガを参考にし、一歩踏み出してみます。

今後も、Tさんのような方を増やしてあげてください!

まだまだアフィリエイトの世界は成長分野だと信じて、私もともしんさんのアドバイスのように先ずは月5万を目指してみます!

今後ともみんなを元気づける情報、よろしくお願いします!
奥様、お元気になられ、ともしんさんと幸せに過ごされているようで良かったです!


ーーーーーーーーーーーーーーー

冨岡さん

電子書籍を読んで、どのような感想をお持ちですか?

「胡散臭い、怪しい」と思いながら読み始めました。
でも読み進めていく内に、共感できることの多さに驚いていています。

私の主人は鈑金塗装・車検整備の仕事をしています。

文中登場したともしんさんのご友人と同じ様な職業で、まさにワーカーホリックです。

貧しい家庭で育ち、中学の頃から新聞配達をして家計を助けていたそうです。

何もしなくてもお金が湧いてくるアフィリエイトという職業を見つけたのはごく最近です。

まるで夢のよう・・ともしんさんのお話を読んで、夢を現実にするんだという気持ちがとても強くなりました。
いつかではなく今から!

これからも勉強させていただきます。

高校の時にともしんさんと出逢えたことは、奥様にとって最高の出来事だったと思います。読み終えて、
とても暖かい気持ちになりました。ありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーここまで」


皆さん、本当にありがとうございます!


自分だけが嬉しい事、楽しい事も、もちろん良いんだけど、
自分達が行った事で、こうやって他の人が喜んでくれる事も、本当に嬉しいな、良かったなと感じますね。


ともしんの書籍を見て、それがキッカケで、
人生が良い方向に行く人がいるんだなぁと思うと、ちょっとワクワクします。


ともしんの書籍はここから見れます。
→ https://tomosin.com/lp/


では、これで失礼します。

jyoutengan1runa限定プレゼントも不定期で配信予定。メルマガ解除は、いつでもできます。

ルナのアフィリエイト公式無料メルマガ

※ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。外部への共有、貸出し、売却等は決して致しません。ご安心下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

1ラウンドアフィリエイト

1raund
私が作成したサイトアフィリエイト商材。

大手ASPインフォトップにて、 総合部門・その他ネットビジネス部門、それぞれ1位獲得 2冠獲得。

サイトアフィリにこれがあると便利!楽の手

サイトアフィリエイト サイト作成ツール

シリウス アフィリエイト
私も使っています。
サイト作成ツールです。
綺麗なサイトが作れてしまいます。

シリウス 特典付レビューはコチラ

Twitter

プロフィール

image
家庭環境が良くなかったので
高校卒業とともに家を出て、
1日に16時間労働になる。

夫(ともしん)通じて
アフィリを知り、
細かな作業を裏方としてやる。

作成したサイトは1サイトで
PPCで400万の報酬を稼ぎ
成約率5%を超える。

サイトアフィリエイトでは
1日2時間ほどの作業で 約20~30万の報酬を得る。

またメルマガアフィリエイトでも
1週間のみで月10万を突破。
情報販売月20万突破。
ブレビティアフィリエイト監修。

1ラウンドアフィリエイト作成、販売。
1日で100万円を稼いでしまい唖然。

月627万円を稼ぎ、夫の収入をこえてしまい
大手企業インフォトップランキングにて
作成した教材が1位、3冠獲得。

その後必死に働く必要がなくなってしまい、 趣味のギターや、音楽、おいしいご飯を食べ歩く日々。

場所も時間も、金銭的縛りもなく
最近はありえない時間に大人が遊んでいるため
家の近所では子供たちにニートorホームレスと間違われる。
2019年11月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930